音楽大学を卒業後どんな仕事に就くのか

音楽大学の入学を目指している、今音楽大学で学んでいるという人にとって気がかりなのは、卒業した後の進路についてでしょう。

音楽が大好きだという理由で進学しても、その後音楽関係の仕事に就くことができなければ悲しいですよね。

本当に人それぞれなのですが、中には教員免許を取得して学校で生徒に教えるという人も出てきます。

皆さんが子供の頃通っていた時に音楽の先生が学校にいたと思いますが、そういった存在になるわけです。

これであれば教員を続けている間は音楽に携わることができます。

他には、一般的な小学校や中学校、高校以外の楽器教室などで先生をする人もいるでしょう。

これであれば免許も不要でしょうし、学校教員以上に難易度は低いと思われます。

雇われではなくて、自ら音楽教室を設立して経営に関しても行う人もいます。

そして引き続き楽器演奏を行いたい…という場合には、オーケストラ集団に所属したり…ということもありますが、誰もがこの夢を叶えられるわけではないでしょう。

演奏楽団は国内外に多数あり、レベルが高いところもあればそうでないところもあり、それぞれ難易度は異なります。

大勢の観客の前で自分の腕前を披露することができるというのは喜ばしいことですよね。

また企業に入って普通に働く人、企業で音楽活動をする人、経験を生かして様々な活動をする人など多種多様です。

中には音楽大学を出た後に大学院に進学して改めて勉強をするケースもありますし、場合によっては海外の有名音楽大学に進学する人もいます。

[参考]
海外音楽大学・音楽学校の情報なら、音楽学校専門サイト【アンドビジョン】

音楽大学は特殊ですし、必ずしも卒業してから音楽の道に進むわけではありません。

なかなか思い通りに事が進まないこともあるでしょうが、周りには必死で練習をしている同級生たちがたくさんいるので、あきらめることなく全力を尽くすことが重要です。

それによって自分が本当に希望している進路が叶うかもしれません。

闇雲に音楽について練習するだけではなくて、目標を持つことがとても大切で、それがモチベーションになることでしょう。

多くの学生たちは音楽大学に進む前の段階で、ある程度具体的な将来の目標を立てているでしょう。

そのために必死で練習をしている人もいますが、きっとその努力は自分のためになるはずです。

進学する音楽大学選びの際には、各大学の卒業後の進路に関する情報を参考するのもおすすめです。

過去の卒業生がどのような仕事に就いているのかも確認しておきたいです。

 

※参考になったサイト
武蔵野音楽大学のキャンパスガイド